ファッション

男の足冷え対策には靴下屋のウールソックスがおすすめ!

こんにちは、みっきー(@mic32ki)です!

いきなりですが・・・。

 

冬になると寒い!冷える!!

特に足!

足がガチガチに冷える!!

 

というわけで、冬の寒い季節になってくると足から冷えを感じませんか?

上半身は厚着で冷えを抑えられますが、下半身は厚着しづらいですよね。

冬は冷たい空気と足が一体化しているような感覚です・・・。

靴下屋のウールソックスを着用することで、足元が暖まり、足冷えが気にならなくなったので紹介します。



 

靴下屋のウールソックスを履くと足が冷えない

20代前半くらいまでは寒さに強かったのですが、25歳を越えたくらいから足の冷えを感じるようになりました。

11月を過ぎ、寒さを感じる季節になってくると、とにかく足が冷える!

寒くて、くるぶしソックスやフットカバーを履くことは出来ません。

そこで靴下屋のウールソックスを試してみたところ、足が冷えない!!

靴下屋のウールソックスはコットン素材の靴下に比べて、ウールが冷たい足を暖めてくれるので、今では冬のマストアイテムになっています。

 

靴下屋のウールソックスの詳細

 

靴下屋のウールソックスは日本製!

靴下専業のブランドなので、デザインやサイズ感のバリエーションが豊富に展開されています。

 

サイズ選び

メンズの靴下は下記の2サイズで展開されています。

[aside type=”boader”]

  1. 25-27cm
  2. 27-29cm

[/aside]

僕はユニクロの靴下は「25-27cm」のものを履いています。

靴下屋のウールソックスも「25-27cm」でピッタリです。

身長は180cmで、足のつま先からカカトまでの実寸が26.5cmになっています。
靴のサイズはスニーカー(コンバースオールスター)で28cm、革靴は26.5cmです。

 

靴下屋のウールソックスのサイズ選びですが、普段履いている靴下と同じサイズ。

または、履いている靴のワンサイズ下のサイズの靴下を選ぶとジャストフィットで履くことが出来ます。

 

デザイン

カジュアル使用なら下記のタイプが合わせやすいのでオススメです!

[aside type=”boader”]

  • 無地タイプ(ベタソックス)
  • 太リブタイプ

[/aside]

カラー展開は10種類以上!

赤、青、黄色などの原色をはじめ、ネイビーやグレーなどのダークカラーまで幅広く展開されています。

シンプルなデザインなので、ダークカラーを選ぶとスーツの足元にも合います。

他にもボーダーやフェアアイル柄も展開されているのでカジュアルな服装の足元のアクセントとして使えますよ!

 

価格

靴下屋のウールソックスの価格ですが、1足1080円(税込)です。

3足1000円で靴下が買える時代に、1足1080円なので少し高めですね。

ですが、靴下屋のウールソックスはリブソックスでウールは50%、ベタソックスでは43%のウールが使われています。

ウール10%の靴下も持っていますが、ウールの配合率が高い43%、50%の方が暖かく感じます。

靴下屋のウールソックスは3足1000円の靴下に比べて、ウール素材の配合率の高さにこだわっているので、足により暖かみを感じることができるんです。

 

靴下屋のウールソックスの気になるところ

 

素材がウールなので、摩擦で毛玉ができてしまうところが気になりますね・・・。

ウールのセーターと同様に長い期間ウールソックスを着用していると、摩擦で毛玉ができてしまいます。

よく擦れる足の裏やカカトに毛玉ができやすいです。

毛玉が目立つようになれば、毛玉取り器で毛玉を刈り取れば気にならなくなります。

泉精器製作所の毛玉取り機はコスパが高く、簡単にセーターの毛玉を取りに使えるのでおすすめです!

 

 

靴下屋の公式通販が送料無料なのでお得

靴下屋の公式通販サイトに会員登録すると1足からでも送料無料で買えます!

ウールソックスは「毛・ウール」のカテゴリ内にあります。

僕は靴下屋のウールソックスの暖かさにハマって、色違い、デザイン違いで合計4足持っています。

足冷えで悩んでいる人は3足ほどまとめ買いしても後悔しません。

冬のシーズンなので、クリスマスプレゼントとしてもおすすめです!

靴下屋の公式通販はこちら↓↓
国内最大級の靴下専門オンラインストア~Tabio

ABOUT ME
みっきー
みっきー
大阪在住の会社員ブロガー 頭でっかちな性格で頭もでかい(頭周62cm) 趣味は外食、ファッション