大阪ネタ

梅田の「ひとり会議室」に行ってみた感想→人が少なくて快適な作業スペース

※この記事は執筆中です。

こんにちは、みっきーです。

カフェ等でノートPCを使ったノマドワークをしています。

大阪市内の中心部のカフェって、どこも混雑していますよね。
カフェは席を確保するのもたいへんだし、セキュリティ面での不安。

大阪でもコワーキングスペースが増えてきましたが、ドロップインの料金と敷居が高いのが気になるところ。
非会員の一見さんだと、気軽に利用しにくいんですよねー。

朝日新聞社が運営しているメディア、DANRO(ダンロ)の記事を見て貸し会議室が運営するひとり会議室大阪駅前店に行ってきた。

大阪の作業スペース難民必見の内容です。

ひとり会議室とは

ひとり会議室とは、空いている会議室を相席で使えるサービスです。

貸し会議室事業を行っているアットビジネスセンターが運営しています。

会議室内にはWI-FIや電源(個数制限アリ)があるので、PCワークに最適!

運営ルールとしてテレビ電話はOKにしているのが特徴です。
ただし、オフラインでの商談や談笑に使ってはいけません。

ひとり会議室に行ってみた感想

受付で「ひとり会議室」を使いたい旨を伝えると案内してくれます。

 

なんと利用者は自分一人だけ・・・!

別のイベント「ひとり会議室」を覗いてみたら、利用者は2人だけでした。

2019年5月時点では、ひとり会議室の認知度はまだまだ低い模様。

ひとり会議室の環境

会議室の机

大阪梅田店は

自販機もあり。

大阪梅田店はフロア内に喫煙スペースがありました。

ひとり会議室のメリット

メリットは以下の通り。

  1. 1時間あたりの利用料金が安い
  2. 利用者少なく快適な作業空間

ひとり会議室のデメリット

  • 大阪以外の展開が少ない
  • 会議室が埋まってしまうと使えない

大阪市内は主要スポットを抑えていますが、関東は東京の池袋と横浜だけ。

「使っていない会議室をワークスペースとして貸す」という性質上、会議室が埋まってしまうと使えない。

就活のシーズンなどは事前に問い合わせると

ひとり会議室の料金と支払い方法は?

 

初回30分¥100(税込)以降30分毎に200円ずつ加算

ひとり会議室の利用料金は、初回30分税込み¥100です!

以降30分毎に200円ずつ加算されます。

1時間のコーヒー休憩でも300円。

1時間の利用料は、300円。
1時間30分だと、500円です。

短時間のスポット利用もしやすい

1日の上限は¥1,200(税込)

​(最大9:00~21:00の12時間)

クレジット払い、領収書発行OK!

ひとり会議室は現金の他にもクレジットカードに対応。

領収証もきちんと発行してもらえます。

※入会金・年会費無料

※名刺または身分証明が必要です(18歳以上)

※ご利用後に現金またはクレジットカードでご精算頂きます。

​※3時間30分を超える場合は最大料金の¥1200でございます。

※利用後、受付にて領収書の発行が可能です。

※法人契約等もご相談ください。

logo.png
スマホアプリでキャッスレスでスマートに
​チェックイン・チェックアウトが出来るヴィアートもご利用頂けます。
qrcode_VIA-AT.png

​ご利用は簡単4Step
Step1
ご来場
​(ご予約不要)

1日中作業したい人や大阪へ出張に来た拠点としてもオススメ!

まとめ:ひとり会議室はノマド作業難民のオアシスだった

ABOUT ME
みっきー
みっきー
大阪在住の会社員ブロガー 頭でっかちな性格で頭もでかい(頭周62cm) 趣味は外食、ファッション